TOPフリーエリア
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20151030

妊娠中、私は足がつることは一度もなかったのですが
その代わり貧血がひどかったです。
つわりが落ち着いた頃、両親学級があったので夫と参加したら
30分程した頃ふと視界が暗くなって座っていたのに倒れました。
病院主催の両親学級だったので産科の先生にそのまま診察してもらい
その後救急外来に回され一日丸々病院で潰れてしまいました。

その日を境にやたらと貧血を起こすようになってしまい、
確かこの症状は臨月近くまで続いたと思います…。
どこに行っても大体しばらく立ってるとクラクラしてくるのですが
中でも某うどん屋に行ったあとは百発百中でした。
安くておいしいから毎週通っていたのですが封印しました…。

妊婦は貧血になりやすいものですが、対策しようと思って
買ったのがドライプルーン。しかし私はプルーンが苦手なのでした。
「子供の頃ダメだったけど今ならきっと…!」と
謎の自信で買ったものの、結局ほとんど食べられず、
ジュースも我慢して一気飲みしましたが続けられず一度きりで
最終的に気休めでミロとか飲んでた気がします。

妊娠前は接客・立ち仕事だったので、
症状的に初期で辞めといて正解だった気がします。
いきなり貧血起こして妊婦が倒れたら同僚の人だって迷惑だよねー…。


★ランキング参加中です。
いつもありがとうございます!



にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ




スポンサーサイト
20151020

初めての入院生活とあって不便なことだらけだったのですが、
何よりしんどかったのは部屋の温度でした。

着るものなんかの準備があまく、
「寒かったらカーディガン羽織ればいいや」とか思っていましたが
逆でむしろずっと暑かったです。

赤ちゃん=暑がりなんだとばかり思っていましたが
新生児期の赤ちゃんは体温調整がまだできないので
大人より一枚多めとか「聞いてないよ!」という状態。

入院中は授乳に備え前空きのパジャマがよいとかなんとか
読んだので500円くらいの薄手のパジャマを2着ほど入手して
臨みましたが肌なじみが悪くわりと不快でした。
母乳漏れてびちゃびちゃになるし。

他のお母さんたちはルームウェアっぽいものを着てる人が多く
普段から着てる寝間着を持って来るべきでした。

慣れていれば体感温度で調整しやすいですからね。
「持ってきてもらえば?」というのもごもっともなのですが
私が入院したのは夫の地元で頼れるのが夫のみでして、
しかも他にも持って行ってほしいものや持ってきてほしいものが
色々あったのでそこまで指示の気が回りませんでした。

日々の洗濯だけでも結構面倒というか
血がついてる物を洗ってもらったりしてたので気が引けるというか。
家にいる時に連絡しても携帯を見ていなかったりで
連絡がつかないことも多くてストレスでした。

もしこれから出産控えてるお父さんがいたら
なるべく連絡つかない状態は避けてほしいですね。
入院て不便だし、親に頼るのも気が引ける場合も多いですから。
寝てるだけだろうと思ってるかもしれませんが
出産の入院て色々指導とか検査とか授乳とか来客で
めちゃめちゃ忙しいのです…。
シャワーが昼だったりするし。
(私の時は来客は一日だけでしたがそれでもすごく忙しかったです)

そもそも赤ちゃん夜中に泣くので夜は寝られません。
出産舐めてました。マジで。

話がとっ散らかってますが、巷によくある
「出産入院の準備の手引き」的なもの、もっと実用的なリストが
あってもいいと思うんです…。
作ったろかな。


★ランキング参加中です。
いつもありがとうございます!



にほんブログ村 子育てブログ 育児漫画・育児絵日記へ




20150509

出産が終われば陣痛はなくなり、
痛みから解放されるもんだとおもってたのですが
出産直後の胎盤を出す作業に始まり、会陰切開の縫合、
果てはきつめの後陣痛と痛みのオンパレードでした。
もちろん傷は痛いしどうも痔になってたみたいでそれも痛いしで。

正直出産が終わってから後陣痛の存在を知ったので
「話が違うじゃねえかああああぁぁぁぁ」とのたうち回ってたのを覚えています。
調べてみても初産の場合はあんまりないって書いてたし!
特に後陣痛なんですが、私はお産が途中から急に進んだもので
それが原因で痛みがきつかったようです。

第二子以降の方が後陣痛がきついってのもお産が早いからなんでしょうかね。
どう転んでも痛みの総量をバランス取ってる感じがして腑に落ちませんでした。
痛みどめももらえないし、必死で緩和させようと思ってうつ伏せで眠っていたところを
部屋に来た助産師さんがみてビクッとしてました。
いないのかな、出産後にうつ伏せで寝る人。気持ち楽でしたよ。


★ランキング参加中です。
いつもありがとうございます!



ブログランキング・にほんブログ村へ



20150507

もちが産まれたのは7月なのですが、
ちょうど学生さんの実習期間なのか一人担当がついた以外に
分娩時にも学生さんぽい人がいらっしゃいました。
そのうちの一人が産まれたあと飲み物やタオルを使うか聞いてくれたりしたのですが
比較的すんなり産まれてきたので汗もかかず
用意してた飲み物もそんなに必要性を感じませんでした。
ただ、終盤は叫びすぎて喉が痛くなりました…。

産まれてきた子供と対面させてもらったら
紫色してました。
そして目をぎゅっと閉じて泣いてる顔が岩みたいでした…!

-------------------
ようやく産まれました。笑
今後は時々入院中の話なんか描けたら描こうかなぁと思ってます。


★ランキング参加中です。
いつもありがとうございます!



ブログランキング・にほんブログ村へ


急展開の続きです。

20150505

赤ちゃんが下がってきているため様子見となったわけですが
この時ベッドに戻るか聞かれてもう動きたくなくてそのままストレッチャーで
陣痛に耐えることになりました。
この辺よく覚えてないんですけど、柵にしがみついてました。

そんなに時間が経たないうちに陣痛の質が変わりいきみたくなり始めました。
よく聞くいきみ逃しとかは特段指導されず割といきみまくってました。
そんなこんなで子宮口が開いたんだと思うんですが(曖昧)
分娩室に移動することに。
ここで噂には聞いていたのですが、歩かされました。
こんな状況で歩けるかよ!!と思ったことは思いましたが
予めそのことを知っていたので「あ、ハイ…」という感じで歩きました。
すぐそこの部屋なのにそれすら拒否したくなります、陣痛。

次くらいで産まれるかなー?笑


★ランキング参加中です。
いつもありがとうございます!



ブログランキング・にほんブログ村へ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。